隠し子とは?言葉の意味や歴史

隠し子とは?言葉の意味や歴史について

隠し子とは政治家や社長、芸能人、梨園の方々の話題でよく耳にするキーワードですが、実際にはどのようなものなのでしょう。こちらでは隠し子についてその意味や歴史についてご紹介していきます。

 

隠し子の定義

隠し子とは正妻以外の女に生ませた子のことで、隠蔽された存在です。その隠蔽方法は様々で、隠す理由によってその公開範囲も決められる傾向にあります。類語として非摘出子があります。昔の言い方ですが、御落胤という呼び方も類義語になります。

 

隠し子の歴史

隠し子とは古くからある存在で、歴史上で隠し子にまつわる話はとても多いです。例えば徳川家康は武田信玄の隠し子だった、田沼意次は徳川吉宗の隠し子だったなどその噂は数多くあります。昔の将軍や権力を持ち得た人物は正妻の他に側妻が何人もいることもありました。そのため、隠し子も複数いたと考えられています。このように世襲制の権力であった時代(封建制)には多く見受けられた制度だと考えられています。現在でも梨園でしばしば隠し子の噂があるのは、この世襲制が関係しているとも言われています。

 

隠し子にする理由

歴史上でなぜ隠し子としてその存在を伏せていたのか、その理由には政治的理由、相続問題、命を狙われる危険があったためなど様々な見解があります。最近の事情としては婚約相手以外の正式な交際以外であった場合や正妻以外に産ませた非嫡出子であり、世間体が悪いなどの事情で隠し子として扱っています。

 

⇒探偵・興信所の隠し子調査相談・見積もり依頼